転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME雇用不安について > 目先の生活の状況 ]

目先の生活の状況

< 目先の生活の状況の記事はココから >

日本経済は2009年第2四半期に景気後退から脱したが、輸出や鉱工業生産高は金融危機以前に比べ大きく落ち込んだままであり、失業者数も過去最悪水準に近づいている。という締めくくりでこのニュースは終わっていますが、現実問題に雇用不安は極限に達していると言えるかもしれません。

企業は生き残りをかけた戦略を打ち出し、改革を進めていますが、その改革の中には人件費削減も入っているのです。

これから就職をしようと考えている人や転職するために活動している人はつらい時期でしょう。現状でははっきりと買い手市場なのです。

この不況でも業績を伸ばしている企業が従業員にとってやさしい会社か?というとそうでもなく、徹底した合理化や、数字で縛られた状態であることも多いのです。

これからさらに不況になっていくといわれれば落胆するかもしれませんが、上向き加減ということですから、じっと我慢の時期かもしれません。

< 目先の生活の状況の記事の続きはココから >
< 目先の生活の状況の記事はココまで >
| カテゴリ : 雇用不安について | 2009.10.28 Wednesday 12:17 | - | - |
[ HOME雇用不安について > 職探しが大変なご時世 ]

職探しが大変なご時世

< 職探しが大変なご時世の記事はココから >

これまでどこかの企業に勤めていて失業した人も、これから学校を卒業して職探しする人も大変な時代です。

そもそも募集の人数も減少しており、中堅クラスの企業では新規の人材の募集を見合わせていることも多いからです。

ハローワークでも多くの人が職を探して訪れ、企業の倒産話もあちこちで噂され実際に大きな企業でも経営破たんしています。

イタリアなどでも失業者の増加が深刻で、日本以上に失業者の割合は多いようです。現在のイタリアの失業者の割合は18%ほどでそれだけ聞いても経済の状況の悪さが伺いしれそうです。

各企業は生き残りをかけて強みを出せる分野に資本を集中させるか、海外に需要を求めるか、競合他社との提携を模索するか、大変な状況です。

今年一杯は景気の回復傾向は顕著に表れず、来年ぐらいから回復しそうだという見方もあり、一般庶民にとっては苦しい状況は続きそうです。

< 職探しが大変なご時世の記事の続きはココから >
< 職探しが大変なご時世の記事はココまで >
| カテゴリ : 雇用不安について | 2009.09.03 Thursday 18:31 | - | - |
[ HOME雇用不安について > 雇用と経済 ]

雇用と経済

< 雇用と経済の記事はココから >
JUGEMテーマ:雇用不安
米労働省が2日に発表した失業関連統計(週報:季節調整値)によると、米国で失業手当受給者の累計が史上最高の580万人近くに達し、景気後退の打撃を受けた米労働市場がさらに悪化していることを示したというニュースです。

日本でも失業者の増加に伴い失業保険の制度に変化が起きて来ました。例えば、最近では、再就職手当ての受給率が支給残の二分の一から三分の一への減少などがそうです。

また、自己都合の退職とされる場合の雇用保険の給付制限は一般的には長すぎと思うかもしれません。普通の生活をしている人は給付までの三ヶ月間を無収入で過ごせません。

アメリカでも冒頭のような労働市場なのが現状であり、今後更なる企業の経営悪化が表面化する可能性もあり、失業者は増える可能性は十分ありそうです。

小売業界を始めとする消費の冷え込みは、特に貯蓄やゆとりのない層の買い控えが大きく影響して意かもしれません。近い将来の明確なビジョンさえないような状況で、本当に必要な商品以外は決して購入しない、ということが根本にありそうです。

日本でも、失業状態でそのまま雇用保険を受給して、受給期間が終了したら、非正規社員で少し働いて、貯蓄が底をつくと生活保護を申請するというパターンが進むかもしれません。
< 雇用と経済の記事の続きはココから >
< 雇用と経済の記事はココまで >
| カテゴリ : 雇用不安について | 2009.04.06 Monday 12:14 | - | - |

最新トラックバック
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です