転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME中国の経済 > 中国のGDPがとうとう日本を ]

中国のGDPがとうとう日本を

< 中国のGDPがとうとう日本をの記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済
日本の10年1〜9月のドル建て名目GDPは中国をわずかに上回ったが、10〜12月期は中国が大きく日本を上回ったもようで、中国が通年でも初めて日本を抜いて、世界第2位の経済大国に浮上したことが確実視されているようです。


今の日本の現状をみれば景気の判断は分からなくても肌身にしみて現状を実感できると言えるかもしれません。特に深刻なのが生産活動を引退した団塊の世代が巨額の貯蓄を有して、これからの若い世代の生活に余裕がない状態でしょう。

若い世代の平均賃金は低下し続け正規社員として働いている人も消費への関心は低いです。かつては若者のステータスの一つと言われた自動車などへの関心も低下して、結婚への情熱も薄らいでいます。

というよりは望んでも無理なので敢えて望まないというのが正確なところかもしれません。ただ、中国も一人っ子政策を推進している以上、世界各国の国がこれまで経験した事のないような超高齢化社会を招く可能性もあると言われています。

成熟するまでは時間がかかる経済活動ですが、いったん衰退に向かうと状況の変化は早いです。世界の経済をリードするまでになった中国の本当の評価は今後十数年で出てくるかもしれません。
< 中国のGDPがとうとう日本をの記事の続きはココから >
< 中国のGDPがとうとう日本をの記事はココまで >
| カテゴリ : 中国の経済 | 2011.01.20 Thursday 23:29 | - | - |
[ HOME中国の経済 > 難しい?中国進出の安全 ]

難しい?中国進出の安全

< 難しい?中国進出の安全の記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済
米ウェブセキュリティー会社マカフィーは、グーグルを含む複数の企業へのサイバー攻撃は高度に洗練されており、国家が背景にある可能性が高いと指摘しているということらしいのですが、火のないところに煙は立たない。のでやはり何かしらの確証などをもって判断されている意見だと感じられます。

中国経済は世界の先進国が進出する選択肢を取らざるを得ない国の一つです。今やアメリカと並んで世界的に大きな影響を持つ国になっています。

日本やアメリカで苦戦している企業の多くが中国製品の安価な価格攻勢に劣勢状態を強いられています。現状では品質面で劣っていることはありますが、ある一定の水準を越えるのも時間の問題かもしれません。

日本の各企業も中国に進出していますが、それは同時に国内産業の空洞化を招いてしまっているような気がします。これはずいぶん言われつづけていたことなので今更なのですが、時給百円やそこらで働く人間が集まるところで生産されるモノは価格面では強いのは当たり前かもしれません。

日本製は品質で勝負といってみても世界経済自体が低迷して、売上の母体そのものが減少している状況では体力の弱い企業から脱落していきます。

企業には人格がないので、もっと具体的な話をすると多くの人が職を失い、多くの人が職につけない状態になっているのです。新卒の学生の就職難も、転職希望者のニーと化も時代が厳しい背景にあると言うことは事実です。しかし、自分自身の道は自分で切り開かねば満足した生活もできません。

難しいですが、考えて行動するしか方法はありません。
< 難しい?中国進出の安全の記事の続きはココから >
< 難しい?中国進出の安全の記事はココまで >
| カテゴリ : 中国の経済 | 2010.01.19 Tuesday 19:14 | - | - |
[ HOME中国の経済 > 中国のIT事情 ]

中国のIT事情

< 中国のIT事情の記事はココから >
JUGEMテーマ:日記・一般
少し前に中国でのインターネット閲覧規制ソフトが導入されると言うニュースが流れ、賛否両論の意見が多数出ていました。実際は否定的な意見が多かったようですが、それが延期になったようです。

かねてから、閲覧規制ソフトの性能を疑問視する声は多かったのですが、それが原因でしょうか。わいせつ関連ページや政治的な情報ページは閲覧規制の対象となり、ブロックがかかるような仕組みだったようにおもいます。

グーグルが中国に進出したときにも様々な圧力で中国政府に不利な情報を規制する条件のもとで市場を開放した経緯もあります。経済が発展しても思想的には自由を得るにはまだまだ先かもしれません。
< 中国のIT事情の記事の続きはココから >
< 中国のIT事情の記事はココまで >
| カテゴリ : 中国の経済 | 2009.07.02 Thursday 17:17 | - | - |
[ HOME中国の経済 > 資産運用の難しさ・中国 ]

資産運用の難しさ・中国

< 資産運用の難しさ・中国の記事はココから >
JUGEMテーマ:日記・一般

中国が外貨準備の運用多角化を図るため金融危機直前に米国株式に投資した結果、800億ドル(約7兆9000億円)以上目減りした可能性があると、英フィナンシャル・タイムズ紙が16日、報じたというニュースです。

中国の経済発展は急速に進み、国際社会での経済大国としての地位を構築しつつあります。一方で、中国国家の情報開示のあり方や、様々な問題に対する姿勢などから国際的な信頼はまだまだという意見もあります。実際に、地域格差が激しく、超格差社会で貧富の差が激しいという点も指摘する声もあります。

中国国家の経済政策の一環として行われていた資産運用に外貨運用があります。中国の外貨管理局が外貨運用多様化の一環として外国株式投資を行っていたようですが、一連の不況の影響で運用資産の目減りが報じられています。

こうした中国の外貨運用は2007年始めごろから始められ、投資は米国でサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅ローン)問題が表面化してからも続いたということです。

日本でも数々の好景気と不景気の波がありました。特に最近ではバブル経済と呼ばれる異常なまでの投資、不動産の高騰による好景気がありました。多くの人々は資産の投資に明け暮れ、堅実性を第一と考えなければならない銀行などの金融機関も不確かな担保価値に対して多くの投資を行ってきた経験があります。

一般論ですが、成金と言われる人はえてしてお金の使い方を知らず、未来に対する危機管理に欠けてしまう事がよくあるといわれています。

中国も今後、国際社会の中で、信用を得ていくためには様々な問題をクリアしていく必要があるかも知れません。

< 資産運用の難しさ・中国の記事の続きはココから >
< 資産運用の難しさ・中国の記事はココまで >
| カテゴリ : 中国の経済 | 2009.03.17 Tuesday 08:11 | - | - |
[ HOME中国の経済 > 飲料世界最大手の米コカ・コーラの対中国戦略 ]

飲料世界最大手の米コカ・コーラの対中国戦略

< 飲料世界最大手の米コカ・コーラの対中国戦略の記事はココから >
JUGEMテーマ:日記・一般
中国が1979年に経済改革とともに市場を海外に開放して以来、コカ・コーラが続けている対中投資額は総額16億ドル(約1560億円)に上るらしいですが、今回の投資計画はその規模を倍増させる野心的なものだとも伝えられています。

中国は、人口の多さや経済の発展状況から世界最大の市場ともいわれています。多くの企業が中国に進出を果たしていますが、コカコーラも今回の投資計画で一気に中国のシェアを倍増させたい考えでしょう。

投資計画の第一弾は上海で、新製品の開発などを行う研究開発センターの建設や店舗数の拡大を視野に入れているようです。

コカ・コーラは現在、前年9月に明らかになった中国飲料メーカー「中国匯源果汁」への買収提案に関して、中国政府の認可を待っている状態にあるとも伝えられており今後も中国市場シェア拡大をを狙っているのではないでしょうか。

日本でもコカコーラの知名度は高く、商品の安全性も確立されています。しかし、今後、中国市場の進出を果たしたコカコーラが、新製品などを中国製産して、中国から日本に輸入する事になると事態は変化するでしょう。

国際社会の中での中国の信頼はあまり高くないともいわれており、一連の食品に関する問題でも中国は日本の期待に添えない事が多かったような気がします。

今回のコカコーラの中国の拡大進出の背景の真相まではわかりませんが、中国産という言葉が安心して購入できるという認識を日本人に植え付けれるまで、まだまだ長い時間が掛かるような気がします。
< 飲料世界最大手の米コカ・コーラの対中国戦略の記事の続きはココから >
< 飲料世界最大手の米コカ・コーラの対中国戦略の記事はココまで >
| カテゴリ : 中国の経済 | 2009.03.09 Monday 12:12 | - | - |
[ HOME中国の経済 > 世界経済危機と中国 ]

世界経済危機と中国

< 世界経済危機と中国の記事はココから >
北京オリンピックも無事に終わり全世界にその経済の発展を見せ付けることに成功した中国にも不況の波が押し寄せているようです。

2008年、世界が経済危機に陥る前には、中国の地方部から約1300万人がより裕福な都市部へ出稼ぎに来ていたが、現在ではその活気も見る影もないようです。

もともとオリンピック景気ということで、オリンピック開催国のオリンピック終了後に経済の発展を維持し続けた国はなかったのではないでしょうか?いわゆる特需に沸いた中国の経済に、今回の不況の波は厳しい現状を突きつけているように思われます。

さらに、経済混乱と共に、主な輸出先である欧米・北米での市場が低迷し、生産の中止や工場閉鎖が相次ぐと、膨大な数の労働者たちが職を失うことになっているのです。

日本でも主要な産業の大手企業の業績は悪化が表面化しつつある現状で、格差社会の色合いが強い中国の経済状態で今回の不景気をどう乗り切るかも気になるところです。
< 世界経済危機と中国の記事の続きはココから >
< 世界経済危機と中国の記事はココまで >
| カテゴリ : 中国の経済 | 2009.02.02 Monday 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |

最新トラックバック
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です