転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME経済について > 日本経済が再び躍動する日は何時か ]

日本経済が再び躍動する日は何時か

< 日本経済が再び躍動する日は何時かの記事はココから >
JUGEMテーマ:雇用不安
ニッセイ基礎研究所(NLI Research Institute)の経済調査部門主任研究員、斎藤太郎(Taro Saito)氏は、黒字について意外な結果だとコメント。輸出の減少幅がここまで抑えられるとは予想されていなかったと述べ、予想外のスピードで回復する米経済を最大の要因の1つに挙げた。ただし、3月の貿易収支は赤字に戻ると予想していると報じられています。


日本経済はなかなか世界と比較する国が無いと素人的に考えています。というのもいろいろ調べてみたのですが、国債が自国内でほとんど消化される国は知らないだけかもしれませんが世界中ではほとんどないからです。

それだけ国内の多くの人や企業が貯蓄をしている状況です。考えてみれば景気の先行きが不透明である、雇用環境に安定性が欠けるという判断で、多くの人が無駄遣いを控え、来るべき時が来てもあわてない為の備えを行っています。

企業は設備投資などを控え、人件費を固定しないための策略に明け暮れ、それが若い世代を中心とした働き口がない人たちを増加させる要因になっています。

考えてみれば、働くことが美徳とされた時代には学校を卒業すれば何の疑いもなしに働いていたでしょうし。それが固定概念化され、バブルが崩壊した後もみんな血眼になって新卒者が就職口を探す行動につながったのかもしれません。

今では、無理して仕事をしなくても親が生きている限りは贅沢を言わなければ生活していけるという状態の人たちが増加しています。

国が経済的に発展するためには国民総生産を増加させることしか方法はないと考えます。ところが、今の状況はとても正しい方向に進んでいるとは思えない事が、経済的に回復する期待感の目を摘んでいることは間違いなさそうです。
< 日本経済が再び躍動する日は何時かの記事の続きはココから >
< 日本経済が再び躍動する日は何時かの記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2012.04.02 Monday 22:54 | - | - |
[ HOME経済について > ユーロ圏は崩壊するのか? ]

ユーロ圏は崩壊するのか?

< ユーロ圏は崩壊するのか?の記事はココから >
29日閉幕した世界経済フォーラム(World Economic Forum)年次総会(ダボス会議)では、ユーロ圏の債務危機問題が話題を独占した。政財界トップが危機は曲がり角を越えたと強調する一方、経済専門家の一般的見解は「事態は悪化する一方で、最悪の事態も起き得る」という話も出たようです。

個人的にはユーロはそもそもスタート時点から無理があると感じます。各国に主権がある状況で共通の通貨や金融政策だけを足並みそろえるという事は土台不可能な事ではないでしょうか。

日本で言えば各都道府県の状況とも何となく似ていると言えそうです。しかし、日本のそれはユーロの状況とは少し違います。例えば自分の住んでいる地域とは違う市町村が財政難になり税金を投入する事に対してはあまり憤慨する気持ちにはなりません。なぜならば同じ日本人の為、同じ国に住む人の為という意識があるからです。

しかし、今の日本が例えば北朝鮮などに資金を援助したらどうでしょう。そんな事にお金を使う前にもっと日本国内で困っている状況の人の為にお金を使って欲しいと思うはずです。それが自然であると思うのです。

だからユーロは無理があると言えるのです。もちろん、良い部分もありますし実際にそれで潤っている部分もあるかもしれません。ギリシャもあんな事になってしまいましたが、もう少し計画性を持ってギリシャ国民がもっと勤勉になれば上手に資金を入手できる手段ができたのですからそれを活かせたはずでしょうし。

いずれにしてもあくまで個人的にはですけれどもユーロは何らかの形で、今の状況とは異なった形になるという予想を建てます。
< ユーロ圏は崩壊するのか?の記事の続きはココから >
< ユーロ圏は崩壊するのか?の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2012.02.01 Wednesday 23:02 | - | - |
[ HOME経済について > 日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ? ]

日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ?

< 日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ?の記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済
そもそも環太平洋経済連携協定(TPP、Trans-Pacific Partnership)というけれども参加国、参加交渉国などを見るとアメリカと日本のGDPが全体の90%を占めると言うではありませんか。これは実質日本とアメリカの貿易協定の様な気もあします。


しかも、今の日本政府にアメリカを相手にして自国の利益を守りつつ相手の要求を探りながら着地点を決めるような交渉が出来る人材がいるのかどうかも不安な点です。

新聞やテレビなどでは政府が試算したメリットなる数字を連呼しているようですが本当に包み隠さず真実を発表しているのでしょうか。ただし情報と判断の元に選択肢を選ぶのであれば仕方がないという思いもないではないですが、本当の所は疑問符が付いているというのが個人的な感想です。

TPPの参加によって今後将来的に我々庶民の生活が良い方向になればいいのですが、残念ながらそうは思えません。ただでさえ経済は滞っており節約と我慢を強いられているのに同じように苦しんでいるアメリカだけの為に踏み台になるような気がしてなりません。

しかし、それもこれも我々国民が選挙という民主主義的な方法で選らんだ我々の代表が選択する事なので最終的な部分は自分達国民の責任になると言えるかもしれません。
< 日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ?の記事の続きはココから >
< 日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ?の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2011.11.12 Saturday 18:25 | - | - |
[ HOME経済について > 週末操業の影響 ]

週末操業の影響

< 週末操業の影響の記事はココから >
JUGEMテーマ:日記・一般
 電力が夏場に足らなくなる、という事がいよいよ現実的なものとなり各企業が対応に追われる状況で週末に溢れる観光地や小売業界などの影響も今後出始める事が予想されます。

7月最初の土曜日となった2日、自動車メーカー各社は節電のため、工場の「週末操業」を開始した。今月から土日に操業することを決めた日産自動車(Nissan Motor)の追浜(Oppama)工場でも車を生産する従業員らの姿が見られた。東日本大震災と原発事故の後で電力不足が予測されていることから、日本自動車工業会(Japan Automobile Manufacturers Association)は節電のため、今月から工場の休業日を木曜と金曜にすると発表していました。

これは電力のピークをずらしてピーク時の電力不足を回避しようという事から行われている事ですが、前述した通り、人の流れなどのピークもずらされてこれまでの夏場の感覚では少しうまくいかないビジネス状況になる可能性もありそうです。

この状況は九月一杯まで続くようですし、さすがにそれまでには何らかの感覚というか流れがつかめて多くの人の行動パターンがスムーズになる可能性も考えられます。

しかし、夏場に暑くなり冬場に寒くならないと困ってしまう業界も多数ある事は事実です。人の流れや休日の変化で多くの市場などにも少なからず影響が出ると個人的には思っています。
< 週末操業の影響の記事の続きはココから >
< 週末操業の影響の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2011.07.05 Tuesday 22:11 | - | - |
[ HOME経済について > 安全の根底が覆った原子力発電所の対応 ]

安全の根底が覆った原子力発電所の対応

< 安全の根底が覆った原子力発電所の対応の記事はココから >
JUGEMテーマ:日記・一般
 東日本大震災を受けた原子力発電所の安全対策の一環として、日本原子力研究開発機構は5日、高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市白木)で全電源喪失時の対応手順を確認する訓練を実施したという事のようです。

津波による電源喪失への対応訓練は初めてという事のようですが、それもそのはずで今回の福島の原発問題はこれまで想定されなかった事が起こった事による事故だからです。

これに教訓を得て何らかの対応がなされることは誰が考えても当たり前の話の様な気がします。現在も福島の原発問題は問題の対応に取り組んでいる多くの方々の賢明な努力で少ずつ好転しているように感じられます。

ただ、今なお非難されている人々や放射能問題で影響を受けている食材関連の影響に関しては今後も経営的に大きなダメージを受ける会社が多発する事が予想されています。

健康に問題のないレベルとして色々と多くの報道がされていますが、それを悲観的に捉える人、楽観的に捉える人など色々ですが、間違いなく影響はあると言えるでしょう。それが健康面での被害につながるかどうかは別問題かもしれませんが、放射能に関しは何もないほうがいいに決まっているからです。

今後も経済復興に大きな問題が立ちはだかるかも知れませんが、被災された方も含めて可能な限り国全体として支援していく必要があるのかもしれません。
< 安全の根底が覆った原子力発電所の対応の記事の続きはココから >
< 安全の根底が覆った原子力発電所の対応の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2011.04.06 Wednesday 23:14 | - | - |
[ HOME経済について > ニュージーランドの地震について思う事 ]

ニュージーランドの地震について思う事

< ニュージーランドの地震について思う事の記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済

 地震に見舞われたニュージーランドのクライストチャーチ(Christchurch)で、25トンもの巨大な岩がネットオークションに出品され、脚光を浴びている。地震の惨状を示す象徴となりつつあり、米SNSフェイスブック(Facebook)のページも登場したという事です。

ニュースの見出しを見た瞬間に何をこの時に不謹慎な事を、という感情が先走りましたが、内容をよく読んでみると、収益はすべて地震被災者への義援金にあてるという事らしいです。

オークションの入札期限は今月7日。これまでに56件の入札があり、3日夜の時点で7000NZドル(約43万円)の値がついているという事でただの岩ころにしては高価な額が付いたのかもしれません。

ただ、今回は不幸にも日本人の方が犠牲になられています。冥福をお祈りするとともに今後も色々な処置がスムーズにはかどりる事を願いたいものです。

日本は地震大国で色々な所で大小の地震が発生しています。当然国民の多くも地震に対しては保険に加入したり、耐震補強などの策を施したりする様な動きが見られます。

しかし、人間の力は現代の発展した科学や色々な知識を持ってしても大きな自然の力には到底及ばないという事を改めて感じさせられました。

< ニュージーランドの地震について思う事の記事の続きはココから >
< ニュージーランドの地震について思う事の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2011.03.05 Saturday 23:16 | - | - |
[ HOME経済について > レアアースとリサイクルへの課題 ]

レアアースとリサイクルへの課題

< レアアースとリサイクルへの課題の記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済
パリッツ氏がいま注目するのはレアアースの1種、ユウロピウムの抽出だ。白い粉末状の蛍光体で、テレビ画面の赤色の製造に使われる。省エネの蛍光ランプにも含まれている。長年、独自の技術をドイツの企業に売り込んできたが、注目されることはなかった。最近になって日本からの関心が高まっているという。


最近になって中国の輸出制限で一躍注目される事の多くなったレアアースという物質ですが、実はこれまでも、現在でも、リサイクルに関しての研究と取り組みは世界各国でなされているはずです。

しかし、リサイクル品が最終的に製品に利用できない最大の壁はコストであると個人的にはおもいます。今回取り上げたニュースでの内容も将来的には期待できるかもしれませんが、現時点ではこの問題をクリアしていない可能性が高いです。さらに、リサイクルの過程ででる化学物質を多量に含んだ溶剤などの処理の問題なども今後大きな課題になると個人的には思います。

方や、中国で発掘されるレアアースは山の地表に溶剤などを直接散布して採取するらしいです。当然環境への配慮は全くなく環境汚染が著しいようですがコスト的には他を圧倒するのです。だから、この部分の問題をクリアできるか、企業が理化し消費者まで問題の根本を理解できるようにならない限りはレアアースのリサイクルは厳しい未来が待っているような気がします。
< レアアースとリサイクルへの課題の記事の続きはココから >
< レアアースとリサイクルへの課題の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2010.12.07 Tuesday 21:25 | - | - |
[ HOME経済について > 年末商戦と業界の浮き沈み ]

年末商戦と業界の浮き沈み

< 年末商戦と業界の浮き沈みの記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済
 米国では、年末商戦の皮切りとなる「ブラック・フライデー(Black Friday)」を前に、小売店がセール品の宣伝や店頭ディスプレーの準備を始めているというニュースでアメリカの一般的な小売業界の年末商戦が紹介されています。

ブラック・フライデーは、感謝祭(Thanksgiving Day、11月の第4木曜日)の翌日の金曜日。クリスマスの買い物のため、赤字の店も黒字になるほど多くの人が商店を訪れるということからこう呼ばれるそうで日本ではあまりなじみのない呼び方です。日本ではボーナスが支給される事が多い週の週末をボーナスサンデーとか呼んだりする事は聞いたことがありますが、どこの国でも似たようなものなのかもしれません。

一般的には小売業界は流行りすたりが激しくしかも個々の企業の努力以上に景気などの動向に左右されてしまう要素も大きく長年安定して存在するには難しい業界の一つかもしれません。日本でも大手の小売業界の多くは拡大路線で企業の成長を維持することが多くその場合同じくらいの競合が多いほど生き残りをかけた戦いが繰り広げられる事も多いです。

アメリカでは、ことしの年末商戦が好調な売上となることに高い期待を寄せているという記載されている通り、過去数年の年末商戦は小売店にとって散々な結果だったという事で今年こそは景気回復の恩赦を少しでも享受しようとかく企業とも準備に余念がないのかもしれません。

年末年始は日本でもクリスマス、お正月などの一年を通して最も財布のひもがゆるくなる時期の一つです。世間では各国家が自国の通貨安の為に水面下で思惑を張り巡らしたり、中国などではバブルが崩壊する事を懸念して利上げを行ったりと大変な時期ですが庶民の生活ももっと改善される世の中になる事を期待したいものです。
< 年末商戦と業界の浮き沈みの記事の続きはココから >
< 年末商戦と業界の浮き沈みの記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2010.11.23 Tuesday 21:20 | - | - |
[ HOME経済について > 失われた10年と庶民の生活 ]

失われた10年と庶民の生活

< 失われた10年と庶民の生活の記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済
 FOMCは景気回復のペースの遅さと高い失業率を受け、「失われた10年」を回避するためリーマン・ショック以来となる大規模な量的緩和に踏み切っています。しかし、これ以上金利が安くなっても消費や投資が活発にならなければ期待する効果は得られない可能性もありそうです。

すでに超低金利政策でこれまで経済の動向をうかがってきていますが現在のように失業率の高さや景気の上向きなどにあまり変化は見られないような気がします。

ただ、FOMCのメンバーで今回の追加緩和策に唯一反対票を投じたカンザスシティ地区連銀のトーマス・ホーニグ(Thomas Hoenig)総裁は、追加緩和策は「追加購入のリスクは効果よりも大きく、長期的にはインフレリスクをもたらす可能性がある」と指摘したという事ですが、それも一理ありそうです。

日本でも同じことが言えるかもしれませんがもはや金利が安くなったという事で投資に資本を注入するという単純な仕組みでなくなっているような気もします。

人々は銀行にお金を預けても金利がつかないから自分たちの手元で貯蓄を管理し、日本でも団塊の世代の退職金は老後の蓄えとして消費に回されることなく眠ってしまっているのではないのでしょうか?そんな中、教育費などや食費はなかなか節約できません。いくら教育ローンや学資保険などを検討してみても苦しい状況は変わらないでしょう。

各国が自国の利益を追及して通貨安に仕向けることを過熱させた結果、世界的な大恐慌が発生する可能性も否定できません。特にアメリカは世界的に見ても重要な経済の要になるので慎重に経済のかじ取りを行ってほしいものです。
< 失われた10年と庶民の生活の記事の続きはココから >
< 失われた10年と庶民の生活の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2010.11.06 Saturday 14:51 | - | - |
[ HOME経済について > 貧困と未来の日本像 ]

貧困と未来の日本像

< 貧困と未来の日本像の記事はココから >
JUGEMテーマ:日記・一般
アメリカでは日本と同じように若い世代の貧困などの問題が大きくクローズアップされているようです。これはある意味日本と同じような現象と言えるかもしれません。ただ、日本では多くのニートなどと呼ばれる人たちは親の経済保護を受けている場合が多く、実際には今日明日に飢え死にすると言う状態ではありません。

米国勢調査局によると、2009年の米国の貧困層人口は前年より400万人近く増え、51年前の調査開始以来最多の4370万人に上り、米国民の7人に1人が貧困状態にあることが明らかになったという事です。

総人口に占める割合を表す貧困率は14.3%で、1994年以来最悪となった。健康保険に加入していない国民も調査史上初めて5000万人を超えたという事ですが、こういった社会制度の違いは日本と大きく異なります、日本では健康保険などの加入は原則として決まられています。

ですので一応は病院などで発生する医療費などの負担は少なくて済みます。ただ、結婚して家庭を持つと、子供の食費や教育費などの問題が将来的には発生する事は考えなくてはなりません。

これは子供を持つ家庭のほとんどの人が考える必要がある問題です。例えば大学などの進学の際には一時的に多額の費用が発生することは多くの人の周知の事実です。

しかし、全てが現金ニコニコ払いで乗り切れるか?というとそうでもなく、結構多くの家庭で教育ローンなどのお世話になっていたりします。

ただ、教育ローンで迷う人の理由は色々とあります。それぞれの家庭の事情があり、例えばすぐにでも融資を行ってもらわないと困る。という人も居れば、出来る限りたくさんのお金を借りる必要がある、つまり最大融資額が重要な人も居るからです。

そういったことを考えながら多くの家庭では子供が成人するまで頑張っているのかもしれません。
< 貧困と未来の日本像の記事の続きはココから >
< 貧困と未来の日本像の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2010.09.18 Saturday 18:03 | - | - |

最新トラックバック
SponsoredLink