転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME経済について > 日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ? ]

日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ?

< 日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ?の記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済
そもそも環太平洋経済連携協定(TPP、Trans-Pacific Partnership)というけれども参加国、参加交渉国などを見るとアメリカと日本のGDPが全体の90%を占めると言うではありませんか。これは実質日本とアメリカの貿易協定の様な気もあします。


しかも、今の日本政府にアメリカを相手にして自国の利益を守りつつ相手の要求を探りながら着地点を決めるような交渉が出来る人材がいるのかどうかも不安な点です。

新聞やテレビなどでは政府が試算したメリットなる数字を連呼しているようですが本当に包み隠さず真実を発表しているのでしょうか。ただし情報と判断の元に選択肢を選ぶのであれば仕方がないという思いもないではないですが、本当の所は疑問符が付いているというのが個人的な感想です。

TPPの参加によって今後将来的に我々庶民の生活が良い方向になればいいのですが、残念ながらそうは思えません。ただでさえ経済は滞っており節約と我慢を強いられているのに同じように苦しんでいるアメリカだけの為に踏み台になるような気がしてなりません。

しかし、それもこれも我々国民が選挙という民主主義的な方法で選らんだ我々の代表が選択する事なので最終的な部分は自分達国民の責任になると言えるかもしれません。
< 日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ?の記事の続きはココから >
< 日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ?の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2011.11.12 Saturday 18:25 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< 日ごろの不満が形を変えて爆発? | HOME | 本格的に業界の規格市場の足固めに入った時期か >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です