転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME企業の行方 > 本格的に業界の規格市場の足固めに入った時期か ]

本格的に業界の規格市場の足固めに入った時期か

< 本格的に業界の規格市場の足固めに入った時期かの記事はココから >
JUGEMテーマ:日記・一般
トヨタ自動車(Toyota Motor)と独BMWは1日、環境技術分野で提携することで合意したという事が目に入りました。環境技術分野という聞きなれない言葉が余計に興味を引く格好になったわけですが要するに次の電気自動車などの分野で規格を決めてしまいたいという両社の思惑が一致したという事でしょう。


これまで日本は世界でもトップレベルの技術を色々な分野で発揮してきましたが、例えば携帯電話の規格では海外勢に後れを取り最終的には日本だけ独自の規格が進み結果として取り残されたような格好になりました。

だから、今度の次世代の自動車関連ではきちんと技術力とそれに見合うシェアと利権を奪って欲しいと願います。この提携で次世代電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池を共同開発するほか、欧州での販売を伸ばしたいトヨタにBMWがディーゼルエンジンを提供するという部分も提示されているようで両社の利害が一致したという部分に関しては異論はなさそうです。

自動車関連の産業は日本の基幹産業の一つでありそれに関わる社員などの事も考えれば経済には大きな影響があります。それだけに世界の企業であり日本でもトップレベルのトヨタ自動車の今後の状況には目を離さす手はありません。

政治的にはダメダメでもせめて民間の企業や一般の庶民は良識と常識を有して行動して物事を判断しなければならない時期と考えます。
< 本格的に業界の規格市場の足固めに入った時期かの記事の続きはココから >
< 本格的に業界の規格市場の足固めに入った時期かの記事はココまで >
| カテゴリ : 企業の行方 | 2011.12.04 Sunday 22:24 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< 日本の将来に大きく不安を感じるのは自分だけ? | HOME | 伝統企業もチャプターイレブンの憂き目 >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です