転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME経済について > 日本経済が再び躍動する日は何時か ]

日本経済が再び躍動する日は何時か

< 日本経済が再び躍動する日は何時かの記事はココから >
JUGEMテーマ:雇用不安
ニッセイ基礎研究所(NLI Research Institute)の経済調査部門主任研究員、斎藤太郎(Taro Saito)氏は、黒字について意外な結果だとコメント。輸出の減少幅がここまで抑えられるとは予想されていなかったと述べ、予想外のスピードで回復する米経済を最大の要因の1つに挙げた。ただし、3月の貿易収支は赤字に戻ると予想していると報じられています。


日本経済はなかなか世界と比較する国が無いと素人的に考えています。というのもいろいろ調べてみたのですが、国債が自国内でほとんど消化される国は知らないだけかもしれませんが世界中ではほとんどないからです。

それだけ国内の多くの人や企業が貯蓄をしている状況です。考えてみれば景気の先行きが不透明である、雇用環境に安定性が欠けるという判断で、多くの人が無駄遣いを控え、来るべき時が来てもあわてない為の備えを行っています。

企業は設備投資などを控え、人件費を固定しないための策略に明け暮れ、それが若い世代を中心とした働き口がない人たちを増加させる要因になっています。

考えてみれば、働くことが美徳とされた時代には学校を卒業すれば何の疑いもなしに働いていたでしょうし。それが固定概念化され、バブルが崩壊した後もみんな血眼になって新卒者が就職口を探す行動につながったのかもしれません。

今では、無理して仕事をしなくても親が生きている限りは贅沢を言わなければ生活していけるという状態の人たちが増加しています。

国が経済的に発展するためには国民総生産を増加させることしか方法はないと考えます。ところが、今の状況はとても正しい方向に進んでいるとは思えない事が、経済的に回復する期待感の目を摘んでいることは間違いなさそうです。
< 日本経済が再び躍動する日は何時かの記事の続きはココから >
< 日本経済が再び躍動する日は何時かの記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2012.04.02 Monday 22:54 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< ユーロ圏は崩壊するのか? | HOME |

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です