転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME経済について > 日本の経済と身近な現実 ]

日本の経済と身近な現実

< 日本の経済と身近な現実の記事はココから >
JUGEMテーマ:日記・一般
今回の不況は全世界に大きな影響を残しています。今後もこの不況の影響を受ける国は増えると予想されています。

すでに景気後退入りした国

・米国・日本・ドイツ・英国・イタリア・スペイン

このほか、アイルランド、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、香港、スウェーデン、クロアチア、エストニア、ラトビアも景気後退入り。

 一方フランス、オランダ、ベルギー、オーストリア、ハンガリー、ポルトガル、デンマーク、フィンランド、リトアニア、ウクライナ、ロシア、アイスランドなどは景気後退入りが予想されているということです。

日本では今回の不況の影響は深刻です。日本の経済をリードしてきた大手のメーカーや企業が軒並み経営改善を要求される程の状況に追い込まれていることから十分感じられると思います。

職を失った人達はこの不況の中で新しい職場を見つけなければなりません。特殊な能力や即戦力の経験を活かせる人はキャリアアップの機会を得ることができるかもしれませんが、ほとんどの人はそうもいきません。

好景気の状況での職探しは、売り手市場で満足な条件の職場を見つけることが可能かもしれません。しかし、買い手市場の不景気な状態では職を探す人が条件の良い業界、職場、職種に殺到することもあります。

景気が上向くまでつなぎの仕事でもあればいいですが、年齢的に経歴を増やしたくない人も多いかもしれません。

不景気だからといって今日明日の食費や生活費は誰も面倒見てくれないのが現実です。自分を信じて前に進むしかないのが現実でしょうか? 
< 日本の経済と身近な現実の記事の続きはココから >
< 日本の経済と身近な現実の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2009.02.17 Tuesday 21:51 | comments(0) | trackbacks(1) |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< 日本経済は、世界的な経済危機により文字通りボロボロ? | HOME | GMとクライスラー、政府に総額2兆円規模の追加融資を要請 >>
コメント
コメントする










最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
キャリアアップ 名古屋 by キャリアアップな転職のコツ
結婚相談所のホントのところ! あなたも電撃結婚できる★ お見合いで運命の人と出会う最短マニュアル 日本の経済と身近な現実 特殊な能力や即戦力の経験を活かせる人はキャリアアップの機会を得ることができるかもしれませんが、ほとんどの人はそうもいきません。 好
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です