転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOMEアメリカについて > アメリカ政府の思惑と金融業界の引き締め ]

アメリカ政府の思惑と金融業界の引き締め

< アメリカ政府の思惑と金融業界の引き締めの記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済
ファインバーグ監督官は、米政府はAIG社員と結んだ合意に基づき、ボーナスの一部を取り戻すべく作業を進めていると語ったとありますが、実際のところ可能なのでしょか?

これまでアメリカ政府は公的資金等注入したメガバンクには投機的な取引を制限する方向で舵取りをしているようですが、この巨額ボーナス問題も一つの大きな要因でしょう。

そもそも、アメリカの金融業界各社がハイリスクでハイリターンな取引を行った結果世界的な金融危機を招いたのです。そこにきて大きすぎる企業は経済的な影響や社会的な影響を考えて破綻させないほうがいいということで公的資金が注入された経緯があります。

国民や中小企業からすれば、納得のいかない点が多々あることでしょう。大きすぎるから破綻させられない、とするならば、今後も少々無茶をしてもまた政府が救済してくれるという切り札が存在するのです。

政府としてはなんとしてもこの構造を改善したいと狙っているようですが、うまくいっていないような気がします。

アメリカは数年間で輸出を倍にする。失業率を改善する、ということを発表していますが、まずは金融関連業界の根本的な改善を最優先させる必要があるのかもしれません。
< アメリカ政府の思惑と金融業界の引き締めの記事の続きはココから >
< アメリカ政府の思惑と金融業界の引き締めの記事はココまで >
| カテゴリ : アメリカについて | 2010.02.04 Thursday 12:16 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< 難しい?中国進出の安全 | HOME | 2010年1月の完全失業率と今後 >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です