転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME経済について > 2010年1月の完全失業率と今後 ]

2010年1月の完全失業率と今後

< 2010年1月の完全失業率と今後の記事はココから >
JUGEMテーマ:雇用不安
 総務省が2日発表した1月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.3ポイント改善した4.9%だったということです。しかし実際はGDP関連も目に見えて改善の要因もなく、景気好転の恩赦を感じられるまでには時間がなお掛かりそうです。

一方で、この完全失業率の数値は市場予測の5.1%も下回ったという事です。男女別では男性が前月から0.1ポイント下がった5.2%、女性が同0.5ポイント低下の4.6%です。

相変わらずの就職難の時代ですが、今後景気が回復すると同時に業績を回復したいと考える余力のある企業は戦力の補充の為に新規新卒採用は行うことが予想されます。

転職活動中の人の中でも能力や経験のある人は依然職にありつける状況ですが、そうでない場合はこれまでと同様に就職先がなかなか見つからない可能性も高いかもしれません。

いずれにしても物価がある程度上昇して、つまりインフレ傾向に移行して徐々に経済が好転するという状況を待つしか今はわれわれには出来ないのかもしれません。
< 2010年1月の完全失業率と今後の記事の続きはココから >
< 2010年1月の完全失業率と今後の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2010.03.03 Wednesday 12:46 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< アメリカ政府の思惑と金融業界の引き締め | HOME | きっと志望動機はビールが好き >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です