転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME経済について > ユーロ圏の将来 ]

ユーロ圏の将来

< ユーロ圏の将来の記事はココから >
ユーロ圏のユーロを導入した際の基本的な理念の一つにユーロ通貨の価値を落とさないという様な事があったと聞きましすが、今現在厳しい状況にさらされています。

具体的には、ここ数日でユーロへの投資を取りやめ日本円に投資的な投資をしている投資家の動きが為替の動向でうかがえるからです。

ギリシャ問題はユーロ圏の国々の保障とTMFの保障というお墨付きでおそらく一件落着する可能性が高いようですが、ギリシャが国内の混乱をうまく抑えられない、もしくは今後もギリシャという国の体質が抜本的に変化しなければ将来的には厳しい状況と言えるでしょう。

拠出額の内訳はユーロ圏諸国が4400億ユーロ(約52兆円)、欧州委員会が600億ユーロ(約7兆円)、IMFが2500億ユーロ(約30兆円)。欧州委員会のオリ・レーン委員(経済・通貨問題担当)は、11時間に及んだ協議後の記者会見で巨額の基金設立について「何としてもユーロを防衛するというわれわれの意思を証明するもの」だと説明したようですが、実際にはこれだけの巨額の支援を必要とする事態になった場合は一大問題です。

とりあえずはギリシャの動向に注目して判断するしかなさそうです。
< ユーロ圏の将来の記事の続きはココから >
< ユーロ圏の将来の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2010.05.12 Wednesday 12:10 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< きっと志望動機はビールが好き | HOME | インターネットの台頭と新聞業界 >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です