転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME経済について > 貧困と未来の日本像 ]

貧困と未来の日本像

< 貧困と未来の日本像の記事はココから >
JUGEMテーマ:日記・一般
アメリカでは日本と同じように若い世代の貧困などの問題が大きくクローズアップされているようです。これはある意味日本と同じような現象と言えるかもしれません。ただ、日本では多くのニートなどと呼ばれる人たちは親の経済保護を受けている場合が多く、実際には今日明日に飢え死にすると言う状態ではありません。

米国勢調査局によると、2009年の米国の貧困層人口は前年より400万人近く増え、51年前の調査開始以来最多の4370万人に上り、米国民の7人に1人が貧困状態にあることが明らかになったという事です。

総人口に占める割合を表す貧困率は14.3%で、1994年以来最悪となった。健康保険に加入していない国民も調査史上初めて5000万人を超えたという事ですが、こういった社会制度の違いは日本と大きく異なります、日本では健康保険などの加入は原則として決まられています。

ですので一応は病院などで発生する医療費などの負担は少なくて済みます。ただ、結婚して家庭を持つと、子供の食費や教育費などの問題が将来的には発生する事は考えなくてはなりません。

これは子供を持つ家庭のほとんどの人が考える必要がある問題です。例えば大学などの進学の際には一時的に多額の費用が発生することは多くの人の周知の事実です。

しかし、全てが現金ニコニコ払いで乗り切れるか?というとそうでもなく、結構多くの家庭で教育ローンなどのお世話になっていたりします。

ただ、教育ローンで迷う人の理由は色々とあります。それぞれの家庭の事情があり、例えばすぐにでも融資を行ってもらわないと困る。という人も居れば、出来る限りたくさんのお金を借りる必要がある、つまり最大融資額が重要な人も居るからです。

そういったことを考えながら多くの家庭では子供が成人するまで頑張っているのかもしれません。
< 貧困と未来の日本像の記事の続きはココから >
< 貧困と未来の日本像の記事はココまで >
| カテゴリ : 経済について | 2010.09.18 Saturday 18:03 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< 億万長者の寄付 | HOME | 財政赤字の対GDP比率は過去最悪の32%! >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です