転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOMEアイルランドについて > 財政赤字の対GDP比率は過去最悪の32%! ]

財政赤字の対GDP比率は過去最悪の32%!

< 財政赤字の対GDP比率は過去最悪の32%!の記事はココから >
 アイルランド政府は9月30日、国有化した大手銀アングロ・アイリッシュ・バンク(Anglo Irish Bank)に対する公的資金投入額が、累計343億ユーロ(約3兆9000億円)に上るとの見通しを発表しているようです。

同行は2008年、世界金融危機の最中に同国の不動産バブルがはじけ、経営難に陥ったとされていますが、どの国も社会的影響の大きい企業への支援は手厚いです。これが、民間の一企業であれば公的な支援もなく吸収合併かそのまま破たんとなる話でしょう。

特に零細企業や中小企業の経営者などは大手の仕事を行っていてたとしても親会社の不況がそのまま受注減に反映される事が当たり前の話で、その場合はもちろんなんの保障もありません。

他行への公的資金投入額も含めると、2010年の同国財政赤字の対国内総生産(GDP)比率は過去最悪の32%に上昇し、1999年のユーロ導入以来、ユーロ加盟国で最悪の赤字となる見通し。投資家がアイルランド情勢を懸念していることも、財政赤字の増加に拍車をかけたとされていますが、これはユーロの参加条件の(確か)対GDP3%以内の財政赤字というのははるかのOBする数字です。

その辺りの事情は詳しくは知りませんが、いずれにしても欧州圏内の経済情勢の不安定さが露見した格好です。

< 財政赤字の対GDP比率は過去最悪の32%!の記事の続きはココから >
< 財政赤字の対GDP比率は過去最悪の32%!の記事はココまで >
| カテゴリ : アイルランドについて | 2010.10.04 Monday 12:30 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< 貧困と未来の日本像 | HOME | 失われた10年と庶民の生活 >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です