転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME中国の経済 > 中国のGDPがとうとう日本を ]

中国のGDPがとうとう日本を

< 中国のGDPがとうとう日本をの記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済
日本の10年1〜9月のドル建て名目GDPは中国をわずかに上回ったが、10〜12月期は中国が大きく日本を上回ったもようで、中国が通年でも初めて日本を抜いて、世界第2位の経済大国に浮上したことが確実視されているようです。


今の日本の現状をみれば景気の判断は分からなくても肌身にしみて現状を実感できると言えるかもしれません。特に深刻なのが生産活動を引退した団塊の世代が巨額の貯蓄を有して、これからの若い世代の生活に余裕がない状態でしょう。

若い世代の平均賃金は低下し続け正規社員として働いている人も消費への関心は低いです。かつては若者のステータスの一つと言われた自動車などへの関心も低下して、結婚への情熱も薄らいでいます。

というよりは望んでも無理なので敢えて望まないというのが正確なところかもしれません。ただ、中国も一人っ子政策を推進している以上、世界各国の国がこれまで経験した事のないような超高齢化社会を招く可能性もあると言われています。

成熟するまでは時間がかかる経済活動ですが、いったん衰退に向かうと状況の変化は早いです。世界の経済をリードするまでになった中国の本当の評価は今後十数年で出てくるかもしれません。
< 中国のGDPがとうとう日本をの記事の続きはココから >
< 中国のGDPがとうとう日本をの記事はココまで >
| カテゴリ : 中国の経済 | 2011.01.20 Thursday 23:29 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< レアアースとリサイクルへの課題 | HOME | 疑問が残るトヨタ自動車の戦略 >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です