転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME自動車業界について > 疑問が残るトヨタ自動車の戦略 ]

疑問が残るトヨタ自動車の戦略

< 疑問が残るトヨタ自動車の戦略の記事はココから >
JUGEMテーマ:日記・一般
2009年5月以来首位を守ってきたプリウスの販売台数は、エコカー補助金が前年9月に終了したことを受け、前年同期比で減少中。一方のフィットは、同10月に発売した159万円からの国内最安値HV車「フィットハイブリッド(Fit Hybrid)」が人気で、売り上げを伸ばしたという事らしいです。

しかし、同じカテゴリーの競合車であるヴィッツがモデルチェンジする際にはフィットと同じくハイブリットがラインナップされると多くの人が思っていたのではないでしょうか?

そうすれば少なからずフィットがこれ程販売数を伸ばす事もなかったような気もしますが。そもそもモデルチェンジしたヴィッツは売れているのでしょうか。一応の指標として街中で走る車を見た限りとしてはまだそれ程そこら中を走り回っているというのはなさそうですが。

ホンダのフィットについてはあまりよく知りませんが、恐らくガソリンエンジンメインで補助的な電気モーター方式の自動車であると想像します。これはこれまでのホンダの流れを見ればそうだとも思います。

せっかくハイブリットイコールプリウス的なブランドを手に入れたわけですからそれをどうにかして活かす戦略が立てられなかったのでしょうか?ここの部分は全くの素人意見で業界の事情が加味されているない部分が多すぎる気が自分でもしますが。

今後は日本の自動車市場は縮小の一途をたどり、その代り拡大する中国市場へ各日本メーカーとも力を集約させていくことが予想されます。
< 疑問が残るトヨタ自動車の戦略の記事の続きはココから >
< 疑問が残るトヨタ自動車の戦略の記事はココまで >
| カテゴリ : 自動車業界について | 2011.02.06 Sunday 10:56 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< 中国のGDPがとうとう日本を | HOME | ニュージーランドの地震について思う事 >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です