転職活動している人にとっては経済ニュースはある程度知っておきたいところです。面白そうな記事をピックアップ!

転職活動に役立つ最新ニュース

このブログについて

転職活動は意外なところでニュースや志望する業界以外の知識が役に立つときがあります。

本当は経済新聞や、業界新聞などで知識やニュースを読んで、転職活動を進めることが一番なのですが、なかなか続きません。

転職情報の偏りは禁物です

志望する業界、志望する職種に絞って情報収集しすぎることは視野を狭めてしまう恐れがあります。

色んな情報に触れてガス抜きすることも転職活動においては必要なことだと思います。

気楽に読めるニュースをピックアップしていますので良かったら参考にしてみてください。

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >

一定期間更新がないため広告を表示しています

< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
[ HOME企業の行方 > いよいよマイクロソフトの土壌でグーグルが勝負? ]

いよいよマイクロソフトの土壌でグーグルが勝負?

< いよいよマイクロソフトの土壌でグーグルが勝負?の記事はココから >
JUGEMテーマ:世界の経済
 米のIT(情報通信)業界や事情通の間では、グーグルがパソコンのOSの開発にも乗り出すのではないかとの噂が出ていたという事がいよいよ現実化しそうだというニュースです。

予想通り、グーグルは2009年7月、パソコン向けの無償OS「クローム」の開発に着手したと発表。それから約2年後となる今年6月、韓国のサムスン電子と台湾のエイサーが「クロームブック」を発売することになったようです。

グーグルの「クローム」開発の発表を受け、マイクロソフトの首脳は当時、米メディアに対し「われわれは、さまざまな異なる場所から厳しい競争にさらされている」などと述べ、ウィンドウズの巨大な市場に危機が迫っていることを暗に認めた。そしてその予想はいよいよ現実のものになろうとしているわけですが、今後の動向が気に掛かるニュースの一つと言えます。

グーグルは多くのサービスを無料で開放して多くのユーザーを取り込んできました。逆にマイクロソフトはイメージ的に技術などを隠してきたような感じを受けています。

ここにきてグーグルの戦略に明確な新しい方向性がないというような批判もあるようですが、当初から同社が言っている通り、同社の収入の柱は広告収入であるというスタンスは今後も変わらないと思われます。

OSというこれまでほぼマイクロソフトが独占してきた市場が今後、どのように変化するのかという事も含めて、いち消費者として気になる所です。
< いよいよマイクロソフトの土壌でグーグルが勝負?の記事の続きはココから >
< いよいよマイクロソフトの土壌でグーグルが勝負?の記事はココまで >
| カテゴリ : 企業の行方 | 2011.05.16 Monday 23:52 | - | - |
[ HOME > - > スポンサーサイト ]

スポンサーサイト

< スポンサーサイトの記事はココから >
< スポンサーサイトの記事の続きはココから >
< スポンサーサイトの記事はココまで >
| カテゴリ : - | 2012.04.02 Monday | - | - |
<< 安全の根底が覆った原子力発電所の対応 | HOME | 週末操業の影響 >>

最新トラックバック
この記事のトラックバックURL
注)このブログは『リンクなしトラックバックの拒否機能』を搭載しています。
この記事へのリンクのないトラックバックは スパム とみなし、今後トラックバックを拒否します。
リンク用URL ⇒ 
トラバ用URL ⇒ 

トラックバック一覧
SponsoredLink
RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
SponsoredLink
Author's Profile
現在表示記事
転職ニュース

転職情報収集はニュースなども有効です